銀行員はお嫌いですか

緩く、弛く、ゆるく

半沢直樹で重要な役割を果たしている万年筆

半沢直樹で重要な役割を果たしている小道具として挙げられるのが万年筆でしょう。 この万年筆はmasahiro万年筆製作所のものと発表されています。 masahiro.gr.jp 使ってみたいと思ったらまさかの10万円(税抜)でした。 ・・・いつか使ってみたいですが、私…

半沢直樹を観ながら、万年筆インクの水性という性質を思う

半沢直樹で万年筆が重要な役割を果たしており、非常に気になっております。 半沢直樹というテレビドラマは、昔の辛かった金融庁検査等を思い出すので、あまり観たいとは当初思わなかったのですが、結局観てしまっています。 第2話だったでしょうか、IT社長宛…

「宇宙を織りなすもの」(ブライアン・グリーン著)について

私は科学が苦手です。強いて言うなら、科学の理解をするための数学が苦手でした。 まさに、理系の理の字もなく、まさに文系として生きてきました。 もちろん、今の世の中では理系・文系という区別をしているのは日本ぐらいかもしれません。 しかし、20年前ぐ…

日本における万年筆の国別輸出先・輸入先

前回の記事では日本における万年筆の輸出入について確認しました。 そして、日本の万年筆(および製図ペン)の輸出と輸入の一本当たりの単価の違いがあること、但し、漢字やひらがなを書くには日本の万年筆が適していることを記載しました。 そこで、気にな…

日本における万年筆産業規模

最近、万年筆をまた使うようになり、日本における万年筆のマーケット規模が気になりました。 日本筆記具工業会のWebサイトには筆記具統計というものがあります。 2019年の筆記具統計では以下のことが分かります。 万年筆・製図ペン輸出 12,260千本、3,400百…

コロナの影響は、紙需要の変動を加速させるのか

コロナ禍の中で、私は改めてオールドタイプだと感じたことがあります。 それは、仕事に紙を使いたがることです。 メモをしておくのも紙、データを見るのも紙、作成した書類の最終チェックも紙でやりたいのです。 もちろん、保存・加工するのは電子データの方…

コロナがもたらした緑のある生活

コロナによって、外出も気乗りがせず、どこにも行けず、仕事も在宅が多くなった時期に、我が家には緑が増えました。 凄まじい勢いで増殖しています。 先日は以下のようなカエデをお迎えしました。 コロナがもたらした「緑」。 この梅雨空の下、晴れない気持…